新着情報

2017/02/04

Mcintosh MA6200メンテナンス済公開しました。

2018/02/02

サイドバーadagio audioとは?を更新しました。

2018/01/03

ORTOFON RMG212 RMG309 RMA309拘りレストア公開しました。

2018/01/01

ORTOFON RMG212 RMG309 完全レストア修理更新しました。

2017/12/03

ORTOFON RMG212 RMG309 完全レストア修理更新しました。

2017/06/01

Harmonix Master Sound "DUKE JORDAN TRIO"を公開しました。

2017/01/14

SP-LE8T(H)エッジ張替・エンクロージャ補修済公開しました。

2016/12/01

DENON DA-3** 型番アームの垂直ガタ付き修理公開しました。

2016/10/30

Ortofon RMG RMA用バランス・アンバランス兼用フォノケーブル公開しました。

2016/10/28

Telefunken 1968年ビンテージケーブル公開しました。

2016/10/21

Ortofon  RMG212・RMG309・RMA309アーム専用L型コネクターを公開しました。

2016/10/19

Ortofon RMG212・RMG309・RMA309専用出力ケーブル公開しました。

2016/10/10

DYNAUDIO  CONFIDENCE C1 専用スタンドSTAND2付属を公開しました。

2016/09/30

完全レストア済RMG-212を公開しました。

2016/09/24

JBL 075馬蹄形フランジ付きを公開しました。

2016/09/16

Ortofon SPU-GEチップ交換済みを公開しました。

2016/09/15

Ortofon SPU-GTE チップ交換済を公開しました。

2016/03/09

MCカートリッジバランス伝送の勧め公開しました。

2015/06/18

ファインメットビーズ遊び方を公開しました。

2015/01/15

MERIDIAN-588のCDメカドライブを交換公開しました。

2014/12/30

ALTEC  414-8E ジャンク品新価格に更新しました。

2014/12/30

ALTEC  601C + N3000G 新価格に更新しました。

2014/12/30

JBL 075 16Ω ツイーター 馬蹄形新価格に更新しました。

2014/12/30

JBL ネットワーク N2500 オーバーホール済新価格に更新しました。

2014/12/30

JBL D-130/16Ω SN:41203新価格に更新しました。

2014/12/30

JBL D-130 16Ω (sn:17105) 新価格に更新しました。

2014/12/31

JBL D-130 16Ω SN:53019新価格に更新しました。

2014/04/13

Philips LHH-700FT 名器フィリップスCDプレーヤー ファインチューニング公開しました。

2014/04/13

JBL D-130 16Ω (sn:17105) モノーラル公開しました。

2014/04/12

JBL D-130 16Ω SN:53019 モノーラル公開しました。

2014/04/12

JBL D-130/16Ω SN:41203 モノーラル公開しました。

2014/04/11

JBL ネットワーク N2500 オーバーホール済 公開しました。

2014/04/10

JBL 075 16Ω ツイーター 馬蹄形金具 公開しました。

2014/04/05

AUDIOTEKNE  MCT-48・25公開しました。

2014/04/03

ALTEC  601C + N3000G 公開しました。

2014/04/03

ALTEC  427-8A  Pair 公開しました。

2014/04/02

ALTEC  414-8E ジャンク品扱い公開しました。

2014/01/30

Ortfon RMG-309ゼロバランスシーソー時間実験画像をYouTubeにアップしました。

2013/12/17

UESUGI U-BROS JUNIOR-2公開しました。

2013/09/29

SANSUI  B-2150 MOS Vintage公開しました。

2013/09/29

SANSUI  C-2105Vintage公開しました。

2013/08/17

YL音響  SH-180 公開しました。

2013/08/15

FR  FRT-5 公開しました。

2013/08/14

RMG-212続編で金額表示しました。

2013/08/14

SAEC MST-100公開しました。

2013/03/02

RMG212出来事メモに公開しました。

2013/01/01

作業場を移転し、住所変更しました。

2012/08/29

Victor   XL-Z999EX公開しました。

2012/08/27

Marantz #7 Replica 公開しました。

2012/06/29

PML-Syuni スピーカーケーブル内容変更しました。

2012/06/21

Thorens  TD-126/Ⅲ新価格に訂正しました。

2012/06/04

ALPNE/LUX     LE-109 公開しました。

2012/06/03

KENWOOD  L-01Tチューナー公開しました。

2012/06/02

LAXMAN  CL-32真空管プリアンプ公開しました。

2012/05/27

PML-Syuni スピーカーケーブル 取扱い販売始めました。

2012/05/04

東芝 RD-X10公開しました。

2012/04/30

MICRO  CD-M2(Upgrade Version)公開しました。

2012/04/30

SHURE    SM-58/LC & S  公開しました。

2012/03/26

ak.hommaさんのトーンアーム修理しました。

2012/01/17

MULT12/4-20公開しました。

2012/01/15

Micntosh C22パネルランプ公開しました。

2012/01/01

ET-100 公開しました。 A-100a  公開しました。

2011/12/30

DN-308F用トーンアーム修理記録を公開しました。

2011/12/21

ホームページをリニューアルしました。 taitropin stages cycling steroide westchester car service cialis generika anadrol 50 for sale

店舗情報

店頭販売は致しておりません。
インターネットネット通信販売のみとなっております。
お問い合わせは、
TEL 022-346-9448
FAX 022-797-7045
又は、お問い合わせフォームをご利用ください。

*********************************************

旧Ortofon用Phono Cables

バランス・アンバランス兼用

¥19,800- 税込み・送込み

*********************************************

ご注文・お問い合わせはこちらからお願いたします

IMG_0488IMG_0463

 

タイトルにはRMG・RMAと書きましたがRFやRSでも同規格の物が有ります、直接インナーケーブルが出ている物や9Pソケットの物が有るようですがDIN-5P(60°)は全て同じ物です。

 

市販のフォノケーブルは1芯同軸ケーブルが殆どですが個人的には20数年ぐらい前より2芯シールドケーブルをバランス型で使っていました。

当時はMCトランスをバランス受けの考えはなく2芯シールドケーブルでバランス型の方が1芯同軸ケーブルよりもS/Nが良く情報量も多く音抜けも良いので深い考えもなく自作して使っていました。

最近バランス受けのMCトランスが増えて来ましたが殆どはXLR端子なので専用ケーブルが必要になり不便だなと感じています。

IMG_0486

 

ご覧のようにバランスケーブルなのにRCA端子です、2芯シールドの芯線に信号を通過させシールド部には信号を通過させていませんので差引シールドのみになりバランス接続が可能になります。

 

チョット考えれば誰でも分かるのに何故XLR端子だけで販売しているのか理解に苦しみます、みんなで切磋琢磨してRCA端子でもバランス受けが出来るMCトランスを開発して貰えれば最終的にはアナログレコード再生技術の底上げになるのにと常々考えています。

 

今までの経験から信号の小さな所に個性的なキャラクターの有るケーブルを使用すると全体がそのキャラクターに染まってしまい他の機器の素晴らしさが堪能できなくなると考え信号線の被膜としては最適な絹巻で更に2重に巻き絶縁した0.5mm単線を完全にアニールした線材を使用して作成しています。

と云ってもかの有名で古風な配線材ではございませんので勘違いなさらないようにお願いいたします。

 

バランス・アンバランス兼用です、受け側機器(トランスやプリアンプなど)の回路に同期しますので受け側機器がバランスの時はバランスケーブルにアンバランス機器受けの時はアンバランスケーブルになりますので何も考えないで使用できます。

バランス形式ですので信号線とシールドが完全に独立しています、シールド(防御)に信号を流すような無防備な配線では有りません。

長さは1mで作りましたが注文時に指定して頂ければご希望の長さにお作りいたします。

よくバランス伝送の目的をご質問いただきます、私の目的は「解放感」と「S/N」ですそれに伴って情報量も増え隠れていた音源も聴こえてきます。

 

これが仕事場で使用している装置でMCトランスはLUNDAHLの一番安価なトランスを鉄ケースに裸で置いているだけで更にピンプラグのシールドカバーも付けていません。

 

全て解放感を満喫するためです、プリアンプはQUAD44でパワーはデジタルアンプの10wですがフルボリュームでも「サー」や「ブーン」は聴こえません。

聴こえるのはQUAD44の内部劣化(元々 ?)のノイズでDynaudio-Contour S1.4で1m離れたら聴こえません。

 

私も以前はアンバランス伝送で中域寄りのドーンと押し出し良く出て来る音がレコードの音と勘違いしていました。

ライブ好きな私は録音音楽のアンバランス固有の低域の分解能の悪さに不満でしたが、バランス伝送にしてから現在は小さなライブ会場でPA無しの良質な演奏を聴いている感じです。

 

各楽器の場所が特定され後ろの楽器でも大きい音が出た時にでも前に並んでしまう事もなく大変満足しています。

 

全ての楽器がまとまってドドーンと迫ってくる感じが好きな方にはお勧めできません。

 

本来はトランスもトランス出力ケーブルもバランス形式を採用すれば完全なバランス伝送で理想的です。

少なくても本ケーブルをご使用して頂いただけでも現在のアンバランス伝送よりはS/Nが向上いたします。

 

追伸

アンバランスケーブルはプラス信号のみの芯線が1本でマイナス信号用はシールド(防御)と兼用しています。

シールドは外来ノイズを防御する役目ですがそれにマイナス信号も一緒に流してしまうのでノイズも音楽信号として扱っています。

バランスケーブルはプラス・マイナス・シールドが独立していますので音楽信号とノイズを一緒にしてしまう事は有りません。

 

バランス伝送はトランスやバランスアンプなどが必要になります、MCカートリッジはバランス巻きで一種のトランスです。

MCカートリッジとMCトランスをバランス接続すれば完全にバランス伝送が可能になりオーディオ機器内で一番小さな信号の所でS/Nが稼げれば全体的にS/Nが相当改善されます。

 

勘違いしないで頂きたいのはバランスの方が音が良くてアンバランスは悪いと言っている訳では有りません。

buy clenbuterol uk tramadol online bpc 157 buy