新着情報

2017/02/04

Mcintosh MA6200メンテナンス済公開しました。

2018/02/02

サイドバーadagio audioとは?を更新しました。

2018/01/03

ORTOFON RMG212 RMG309 RMA309拘りレストア公開しました。

2018/01/01

ORTOFON RMG212 RMG309 完全レストア修理更新しました。

2017/12/03

ORTOFON RMG212 RMG309 完全レストア修理更新しました。

2017/06/01

Harmonix Master Sound "DUKE JORDAN TRIO"を公開しました。

2017/01/14

SP-LE8T(H)エッジ張替・エンクロージャ補修済公開しました。

2016/12/01

DENON DA-3** 型番アームの垂直ガタ付き修理公開しました。

2016/10/30

Ortofon RMG RMA用バランス・アンバランス兼用フォノケーブル公開しました。

2016/10/28

Telefunken 1968年ビンテージケーブル公開しました。

2016/10/21

Ortofon  RMG212・RMG309・RMA309アーム専用L型コネクターを公開しました。

2016/10/19

Ortofon RMG212・RMG309・RMA309専用出力ケーブル公開しました。

2016/10/10

DYNAUDIO  CONFIDENCE C1 専用スタンドSTAND2付属を公開しました。

2016/09/30

完全レストア済RMG-212を公開しました。

2016/09/24

JBL 075馬蹄形フランジ付きを公開しました。

2016/09/16

Ortofon SPU-GEチップ交換済みを公開しました。

2016/09/15

Ortofon SPU-GTE チップ交換済を公開しました。

2016/03/09

MCカートリッジバランス伝送の勧め公開しました。

2015/06/18

ファインメットビーズ遊び方を公開しました。

2015/01/15

MERIDIAN-588のCDメカドライブを交換公開しました。

2014/12/30

ALTEC  414-8E ジャンク品新価格に更新しました。

2014/12/30

ALTEC  601C + N3000G 新価格に更新しました。

2014/12/30

JBL 075 16Ω ツイーター 馬蹄形新価格に更新しました。

2014/12/30

JBL ネットワーク N2500 オーバーホール済新価格に更新しました。

2014/12/30

JBL D-130/16Ω SN:41203新価格に更新しました。

2014/12/30

JBL D-130 16Ω (sn:17105) 新価格に更新しました。

2014/12/31

JBL D-130 16Ω SN:53019新価格に更新しました。

2014/04/13

Philips LHH-700FT 名器フィリップスCDプレーヤー ファインチューニング公開しました。

2014/04/13

JBL D-130 16Ω (sn:17105) モノーラル公開しました。

2014/04/12

JBL D-130 16Ω SN:53019 モノーラル公開しました。

2014/04/12

JBL D-130/16Ω SN:41203 モノーラル公開しました。

2014/04/11

JBL ネットワーク N2500 オーバーホール済 公開しました。

2014/04/10

JBL 075 16Ω ツイーター 馬蹄形金具 公開しました。

2014/04/05

AUDIOTEKNE  MCT-48・25公開しました。

2014/04/03

ALTEC  601C + N3000G 公開しました。

2014/04/03

ALTEC  427-8A  Pair 公開しました。

2014/04/02

ALTEC  414-8E ジャンク品扱い公開しました。

2014/01/30

Ortfon RMG-309ゼロバランスシーソー時間実験画像をYouTubeにアップしました。

2013/12/17

UESUGI U-BROS JUNIOR-2公開しました。

2013/09/29

SANSUI  B-2150 MOS Vintage公開しました。

2013/09/29

SANSUI  C-2105Vintage公開しました。

2013/08/17

YL音響  SH-180 公開しました。

2013/08/15

FR  FRT-5 公開しました。

2013/08/14

RMG-212続編で金額表示しました。

2013/08/14

SAEC MST-100公開しました。

2013/03/02

RMG212出来事メモに公開しました。

2013/01/01

作業場を移転し、住所変更しました。

2012/08/29

Victor   XL-Z999EX公開しました。

2012/08/27

Marantz #7 Replica 公開しました。

2012/06/29

PML-Syuni スピーカーケーブル内容変更しました。

2012/06/21

Thorens  TD-126/Ⅲ新価格に訂正しました。

2012/06/04

ALPNE/LUX     LE-109 公開しました。

2012/06/03

KENWOOD  L-01Tチューナー公開しました。

2012/06/02

LAXMAN  CL-32真空管プリアンプ公開しました。

2012/05/27

PML-Syuni スピーカーケーブル 取扱い販売始めました。

2012/05/04

東芝 RD-X10公開しました。

2012/04/30

MICRO  CD-M2(Upgrade Version)公開しました。

2012/04/30

SHURE    SM-58/LC & S  公開しました。

2012/03/26

ak.hommaさんのトーンアーム修理しました。

2012/01/17

MULT12/4-20公開しました。

2012/01/15

Micntosh C22パネルランプ公開しました。

2012/01/01

ET-100 公開しました。 A-100a  公開しました。

2011/12/30

DN-308F用トーンアーム修理記録を公開しました。

2011/12/21

ホームページをリニューアルしました。 taitropin stages cycling steroide westchester car service cialis generika anadrol 50 for sale

店舗情報

店頭販売は致しておりません。
インターネットネット通信販売のみとなっております。
お問い合わせは、
TEL 022-346-9448
FAX 022-797-7045
又は、お問い合わせフォームをご利用ください。

20×20×1mm CFRPカートリッジスタビライザー 1枚
マグネシュームビス2.6×12mm 2本  チタンビス2.6×15mm 2本
ステンレスビス2.6×15mm2本  チタン平ワッシャー 2枚
ステンレスナット 2個  真鍮ナット2個

セット価格¥3,920-

———————————————————

ご注文・お問い合わせはこちらからお願いたします

 

!! CDよりもレコードはS/Nが良い? !!

LPレコードに刻まれた演奏者の音楽感性・情熱・知識をどの位ロス無く導き出す事が出来るかカートリッジ設計者は色んな苦労をしています。
そんな苦労の賜物から完成したカートリッジをエンドユーザーである我々は慣性に任せ何も考えないでヘッヅシェルに取り付けていないか?

セラミック・鉛・プラスチック・合成金属等などカートリッジとシェルの間に挟み取り付けてみるとその固体の音がします、それはどなたでも経験済みと思います。

CFRPを挟んで見ると変なキャラクターが無く好ましい音楽再生が出来ることを実感判明したので、今度はCFRPの厚さを色々変えて試聴して見ました。
0.2mm 0.4mm 0.5mm 0.8mm 1mm 1.5mm 2mmのスタビライザーを自分で試作して聴いた結果一番音楽的・音質・重量など色んな要素でバランスの良かったのが1mmでしたので製作依頼している工場に図面を書いて製作して貰いました。

CAD図面を書く時に面倒だったので20×20×1mmの正方形で書いたのですが、何回も見直して居るうちに思い直し四隅にRを付けて綺麗に製作して貰う事にしました。
Rを付ければ当然製作コストも上がりますがやはり見た目が綺麗じゃないと音も良くないと感じ決定です。

ついでに取り付けビスも実験したら面白いぐらい変化したので写真の2種類とナット・平ワッシャーもセットにしました。
2種類のビスはマグネシューム2.6×12mmとチタン2.6×15mmです、長い時は強固なニッパーなどで切る事が出来ます、最初にナットを入れておいて適当な長さで切断してヤスリで仕上げます最後にナットを外せばバリが取れて完成です。

となたでも取り付けビス・ナットをお持ちと思います一番多いのはアルミ製なので ①アルミビス ②アルミナット ③マグネシュームビス ④チタンビス ⑤チタンワッシャー ⑥ステンナットの組み合わせを変えれば気の遠くなるぐらいの組み合わせが出来ます、その中から一番自分に合った組み合わせを選択すれば最高のカートリッジ性能を導き出す事が出来るはずです。

マグネシュームは静かです、ステンは速く若干固めです、チタンはそれよりも速く音数が増えたようです、異種のビスとナットの組み合わせで微調整が出来るようですので自分の好みに調整するのが楽しみです。

その前に大事な調整が有ります、色んな雑誌や評論家が書いているアームをレコード面に平行になる様に調整しなさいと書いていますが残念ながら 「間違いです」 正確にはカートリッジをレコード面に平行垂直になる様に調整しないといけません。

この様に小型水平器を2個使用すれば簡単に正確に調整出来ます、最初に水平器をシェルに載せた状態でゼロバランスを調整し次に正規(好み)の針圧調整をします、レコードに載せた水平器と同じ場所に気泡が来るようにアームを調整すれば簡単にレコードとカートリッジの平行が取れます。
写真のようにレコード側の水平が若干狂っていてもそれに合わせます、レコードとの関係を調整していますので、センターポイントからはみ出すぐらい狂っている時は最初にプレーヤーの水平を調整してください。

ユニバーサルアームの時は垂直も調整してください、シェルとアームパイプのつなぎ目に殆どは製作時のガタが有りますので垂直も確認して調整をした方が確実です。
つなぎ目のガタは極少々でも水平器を見ると相当狂っています、調整方法はアームの根元とシェルを両手で摘んで垂直方向に軽くねじれば簡単に調整出来てしまいます、ナイフエッジやワンポイントなどのアームは壊さないように十分気を付けて調整してください。

以上の方法で追い詰めて行くと一番先に感じることはスクラッチノイズが激減することにビックリするでしょう、更にシェルリード線や出力ケーブルの良し悪しで情報量とS/Nが相当左右されますので高額な物ではなくノウハウが有るメーカーや製作者が作った良い物を使うべきです。(この所は要注意です)(オリジナル志向の方は別ですが)

お勧めの出力ケーブルは二重にシールドして更にマイナス信号とシールドにループの無いバランスケーブルです、入手不可能な方には当方で製作することも可能ですしお好きな材料を選ぶことも可能です。

これで何の対策もしていない某有名メーカーのCDよりはS/N及び音楽再生能力は上を行くでしょう。

小型水平器が入手できない方には当方手持ち分をお分けいたします、2個入り標準価格税込み¥882-を¥630-です。
大変申し訳有りませんが水平器だけの販売は致しておりません。

 

 

prohormone before and after pictures thermalgenic