新着情報

2017/02/04

Mcintosh MA6200メンテナンス済公開しました。

2018/02/02

サイドバーadagio audioとは?を更新しました。

2018/01/03

ORTOFON RMG212 RMG309 RMA309拘りレストア公開しました。

2018/01/01

ORTOFON RMG212 RMG309 完全レストア修理更新しました。

2017/12/03

ORTOFON RMG212 RMG309 完全レストア修理更新しました。

2017/06/01

Harmonix Master Sound "DUKE JORDAN TRIO"を公開しました。

2017/01/14

SP-LE8T(H)エッジ張替・エンクロージャ補修済公開しました。

2016/12/01

DENON DA-3** 型番アームの垂直ガタ付き修理公開しました。

2016/10/30

Ortofon RMG RMA用バランス・アンバランス兼用フォノケーブル公開しました。

2016/10/28

Telefunken 1968年ビンテージケーブル公開しました。

2016/10/21

Ortofon  RMG212・RMG309・RMA309アーム専用L型コネクターを公開しました。

2016/10/19

Ortofon RMG212・RMG309・RMA309専用出力ケーブル公開しました。

2016/10/10

DYNAUDIO  CONFIDENCE C1 専用スタンドSTAND2付属を公開しました。

2016/09/30

完全レストア済RMG-212を公開しました。

2016/09/24

JBL 075馬蹄形フランジ付きを公開しました。

2016/09/16

Ortofon SPU-GEチップ交換済みを公開しました。

2016/09/15

Ortofon SPU-GTE チップ交換済を公開しました。

2016/03/09

MCカートリッジバランス伝送の勧め公開しました。

2015/06/18

ファインメットビーズ遊び方を公開しました。

2015/01/15

MERIDIAN-588のCDメカドライブを交換公開しました。

2014/12/30

ALTEC  414-8E ジャンク品新価格に更新しました。

2014/12/30

ALTEC  601C + N3000G 新価格に更新しました。

2014/12/30

JBL 075 16Ω ツイーター 馬蹄形新価格に更新しました。

2014/12/30

JBL ネットワーク N2500 オーバーホール済新価格に更新しました。

2014/12/30

JBL D-130/16Ω SN:41203新価格に更新しました。

2014/12/30

JBL D-130 16Ω (sn:17105) 新価格に更新しました。

2014/12/31

JBL D-130 16Ω SN:53019新価格に更新しました。

2014/04/13

Philips LHH-700FT 名器フィリップスCDプレーヤー ファインチューニング公開しました。

2014/04/13

JBL D-130 16Ω (sn:17105) モノーラル公開しました。

2014/04/12

JBL D-130 16Ω SN:53019 モノーラル公開しました。

2014/04/12

JBL D-130/16Ω SN:41203 モノーラル公開しました。

2014/04/11

JBL ネットワーク N2500 オーバーホール済 公開しました。

2014/04/10

JBL 075 16Ω ツイーター 馬蹄形金具 公開しました。

2014/04/05

AUDIOTEKNE  MCT-48・25公開しました。

2014/04/03

ALTEC  601C + N3000G 公開しました。

2014/04/03

ALTEC  427-8A  Pair 公開しました。

2014/04/02

ALTEC  414-8E ジャンク品扱い公開しました。

2014/01/30

Ortfon RMG-309ゼロバランスシーソー時間実験画像をYouTubeにアップしました。

2013/12/17

UESUGI U-BROS JUNIOR-2公開しました。

2013/09/29

SANSUI  B-2150 MOS Vintage公開しました。

2013/09/29

SANSUI  C-2105Vintage公開しました。

2013/08/17

YL音響  SH-180 公開しました。

2013/08/15

FR  FRT-5 公開しました。

2013/08/14

RMG-212続編で金額表示しました。

2013/08/14

SAEC MST-100公開しました。

2013/03/02

RMG212出来事メモに公開しました。

2013/01/01

作業場を移転し、住所変更しました。

2012/08/29

Victor   XL-Z999EX公開しました。

2012/08/27

Marantz #7 Replica 公開しました。

2012/06/29

PML-Syuni スピーカーケーブル内容変更しました。

2012/06/21

Thorens  TD-126/Ⅲ新価格に訂正しました。

2012/06/04

ALPNE/LUX     LE-109 公開しました。

2012/06/03

KENWOOD  L-01Tチューナー公開しました。

2012/06/02

LAXMAN  CL-32真空管プリアンプ公開しました。

2012/05/27

PML-Syuni スピーカーケーブル 取扱い販売始めました。

2012/05/04

東芝 RD-X10公開しました。

2012/04/30

MICRO  CD-M2(Upgrade Version)公開しました。

2012/04/30

SHURE    SM-58/LC & S  公開しました。

2012/03/26

ak.hommaさんのトーンアーム修理しました。

2012/01/17

MULT12/4-20公開しました。

2012/01/15

Micntosh C22パネルランプ公開しました。

2012/01/01

ET-100 公開しました。 A-100a  公開しました。

2011/12/30

DN-308F用トーンアーム修理記録を公開しました。

2011/12/21

ホームページをリニューアルしました。

店舗情報

店頭販売は致しておりません。
インターネットネット通信販売のみとなっております。
お問い合わせは、
TEL 022-346-9448
FAX 022-797-7045
又は、お問い合わせフォームをご利用ください。

販売済です

 
2143

慣性質量1500kg/cm2 ・ 直径400mm ・ 重量5.2kgのアルミダイキャスト製プラッター、更にDDプレーヤーの最大の欠点である強力な電源部がカートリッジの真下より1.2mのケーブルで本体外部に追放し、更に別媒体で構成した理想的なアナログレコードプレーヤーです。

入手時キャビネットは素人がカラースプレィで黒艶消しに塗装して有り「大好きで心地よい」音楽を聴くような見栄えでは有りませんでした。

友人の木工屋さんにお願いして突板ウォールナットオイルフィニッシュ仕上げして貰いました。

ダストカバーは大きな傷は有りません、小さな傷は多少ありますが年数を考えるととても綺麗です,カバーヒンジなど金属部は全て再塗装して有ります。


2122IMG_0690写真の様にトーンアームは汚れ放題で幸いにも錆は無かったので分解してコンパウンドで磨き込みガラスコーティングで表面保護して有ります。

分解ついでにシルバーインナーケーブルの点検やコレクトチャック内の4ピンのスムースな出入りなども作業確認しベアリングは全て交換済です。

18.11920トーンアームには超重量級のスタビライザーを取り付けてセットアップし、出力ケーブルもキャラクターの少ないケーブルでアンバランス・バランス兼用で使用できる物を新たに作成しました。

アームリフターはオーバーホールし現在はレコード面からカートリッジまで約5mmの高さに調整して有りスムースな下がり方をしています。

 

10987一番問題の電源部です、入手時はプラッターが高速回転して何処かに飛んで行くんじゃないかと心配する程でした。

電源部の回路図が無く原因を探し当てるまで相当な時間が掛かりましたが無事に不具合を解消しQUARTZ-ONもOFFのマニュアル動作も完全に動作しています、勿論モーター停止時のブレーキも大丈夫です。

電源ケーブルは3Pインレットに交換しヒューズは内部に格納しました、オリジナルケーブルに3Pプラグを取り付けて動作点検用に付属いたします。

 

15272829スイッチノブは残念ながら多少塗装ムラが有ります。

スタビライザーフットのゴムタイヤはデットストックの新品に交換して化粧のターバンも人工レーザーに交換して有ります。

サブアーム用の取付けスペースも完全、ダストカバーストッパーも綺麗に化粧直しして有ります。

 

2630 3132MA-505は良く出来たとても素晴らしいアームですが凝り過ぎてフロントコネクターに若干難が有りました。

便利で重要な垂直調整機構が裏目に出て水平が狂っていました。

調整を繰り返しましたが思ったように改善されず若干のアレンジで2枚目の写真のように水平が取れました、カートリッジとレコードの水平垂直は3枚目写真の通りです。

余談ですが最近のヘッドシェルは引き込みピンは上側のシェルの様に1ピンだけが多く、下側2本のような2ピンは余り見かけなくなりました。

中央のシェルはMy Sonic SH-1Rhで一番信頼性が有り音質も揺るぎないです、堅牢に作られているため自重が14gと重いのが欠点です、下側のシェルは昔のSMEです。

 

写真のヘッドシェルやカートリッジは本商品には含まれません。

初期不良時には修理対応いたします。