新着情報

2017/02/04

Mcintosh MA6200メンテナンス済公開しました。

2018/02/02

サイドバーadagio audioとは?を更新しました。

2018/01/03

ORTOFON RMG212 RMG309 RMA309拘りレストア公開しました。

2018/01/01

ORTOFON RMG212 RMG309 完全レストア修理更新しました。

2017/12/03

ORTOFON RMG212 RMG309 完全レストア修理更新しました。

2017/06/01

Harmonix Master Sound "DUKE JORDAN TRIO"を公開しました。

2017/01/14

SP-LE8T(H)エッジ張替・エンクロージャ補修済公開しました。

2016/12/01

DENON DA-3** 型番アームの垂直ガタ付き修理公開しました。

2016/10/30

Ortofon RMG RMA用バランス・アンバランス兼用フォノケーブル公開しました。

2016/10/28

Telefunken 1968年ビンテージケーブル公開しました。

2016/10/21

Ortofon  RMG212・RMG309・RMA309アーム専用L型コネクターを公開しました。

2016/10/19

Ortofon RMG212・RMG309・RMA309専用出力ケーブル公開しました。

2016/10/10

DYNAUDIO  CONFIDENCE C1 専用スタンドSTAND2付属を公開しました。

2016/09/30

完全レストア済RMG-212を公開しました。

2016/09/24

JBL 075馬蹄形フランジ付きを公開しました。

2016/09/16

Ortofon SPU-GEチップ交換済みを公開しました。

2016/09/15

Ortofon SPU-GTE チップ交換済を公開しました。

2016/03/09

MCカートリッジバランス伝送の勧め公開しました。

2015/06/18

ファインメットビーズ遊び方を公開しました。

2015/01/15

MERIDIAN-588のCDメカドライブを交換公開しました。

2014/12/30

ALTEC  414-8E ジャンク品新価格に更新しました。

2014/12/30

ALTEC  601C + N3000G 新価格に更新しました。

2014/12/30

JBL 075 16Ω ツイーター 馬蹄形新価格に更新しました。

2014/12/30

JBL ネットワーク N2500 オーバーホール済新価格に更新しました。

2014/12/30

JBL D-130/16Ω SN:41203新価格に更新しました。

2014/12/30

JBL D-130 16Ω (sn:17105) 新価格に更新しました。

2014/12/31

JBL D-130 16Ω SN:53019新価格に更新しました。

2014/04/13

Philips LHH-700FT 名器フィリップスCDプレーヤー ファインチューニング公開しました。

2014/04/13

JBL D-130 16Ω (sn:17105) モノーラル公開しました。

2014/04/12

JBL D-130 16Ω SN:53019 モノーラル公開しました。

2014/04/12

JBL D-130/16Ω SN:41203 モノーラル公開しました。

2014/04/11

JBL ネットワーク N2500 オーバーホール済 公開しました。

2014/04/10

JBL 075 16Ω ツイーター 馬蹄形金具 公開しました。

2014/04/05

AUDIOTEKNE  MCT-48・25公開しました。

2014/04/03

ALTEC  601C + N3000G 公開しました。

2014/04/03

ALTEC  427-8A  Pair 公開しました。

2014/04/02

ALTEC  414-8E ジャンク品扱い公開しました。

2014/01/30

Ortfon RMG-309ゼロバランスシーソー時間実験画像をYouTubeにアップしました。

2013/12/17

UESUGI U-BROS JUNIOR-2公開しました。

2013/09/29

SANSUI  B-2150 MOS Vintage公開しました。

2013/09/29

SANSUI  C-2105Vintage公開しました。

2013/08/17

YL音響  SH-180 公開しました。

2013/08/15

FR  FRT-5 公開しました。

2013/08/14

RMG-212続編で金額表示しました。

2013/08/14

SAEC MST-100公開しました。

2013/03/02

RMG212出来事メモに公開しました。

2013/01/01

作業場を移転し、住所変更しました。

2012/08/29

Victor   XL-Z999EX公開しました。

2012/08/27

Marantz #7 Replica 公開しました。

2012/06/29

PML-Syuni スピーカーケーブル内容変更しました。

2012/06/21

Thorens  TD-126/Ⅲ新価格に訂正しました。

2012/06/04

ALPNE/LUX     LE-109 公開しました。

2012/06/03

KENWOOD  L-01Tチューナー公開しました。

2012/06/02

LAXMAN  CL-32真空管プリアンプ公開しました。

2012/05/27

PML-Syuni スピーカーケーブル 取扱い販売始めました。

2012/05/04

東芝 RD-X10公開しました。

2012/04/30

MICRO  CD-M2(Upgrade Version)公開しました。

2012/04/30

SHURE    SM-58/LC & S  公開しました。

2012/03/26

ak.hommaさんのトーンアーム修理しました。

2012/01/17

MULT12/4-20公開しました。

2012/01/15

Micntosh C22パネルランプ公開しました。

2012/01/01

ET-100 公開しました。 A-100a  公開しました。

2011/12/30

DN-308F用トーンアーム修理記録を公開しました。

2011/12/21

ホームページをリニューアルしました。 taitropin stages cycling steroide westchester car service cialis generika anadrol 50 for sale

店舗情報

店頭販売は致しておりません。
インターネットネット通信販売のみとなっております。
お問い合わせは、
TEL 022-346-9448
FAX 022-797-7045
又は、お問い合わせフォームをご利用ください。

私は柴崎功氏の大ファンです、彼が10数年位前からデジタル系のノイズフィルターを雑誌などで発表する度に追試していました。
パルストランスやフェライトコアなど色々な方法で挑戦する姿勢は自分も勇気づけられオーディオ音楽の楽しみも倍加されます。

FM
柴崎さんは昨年日立金属製ファインメットを使用したノイズキャンセラーを発表されましたがファインメットの入手方法が不明なために追試は出来ていませんでした。

 

私の信頼するテスター達(外部耳)と山形市のバンガローを貸し切って管理者に内緒で色んな機材を持ち込みオーディオ実験試聴会を5月に例年通りやりました、今年は音楽に造詣が深い新メンバーも加わり5人で15:00位から24:00位まで「アーダ・コーダ」と頭が痛くなる位試聴しました。
4月にファインメットを購入出来たがナゼか仕事が忙しく柴崎さんの追試が出来ず山形に出掛ける前日に「RCAプラグFM」「XLRプラグFM」「スイッチング電源DCプラグFM」「AC電源プラグFM」のフィルターを作り試聴もせずに持ち込みました。

 

最初はG氏発案のスピーカー以外の再生機器フローティングシステムです、スピーカーにベッタリとへばり付いていた音が空中に浮遊しだしまるで小さなホールでPf  Vn  Vcのトリオを聴いている様で全員驚きです。(木製バンガローも相乗効果が)

 

次にCSE RX-100Sで電源周波数遊びです、当地50Hzから未知の120Hzまで、一度120Hzを聴いたら50Hzには 戻~れ~な~い~

 

RCA5人共初物のファインメットを何の説明もしないでCD出力ケーブルに取り付けました   「ん~ なんだっ この音」 暫く無言で音楽鑑賞・・・・・

一旦取り外してみる 「ウヮ~ ヤッベ~」 ドロドロだ~

 

又もや取り付けS/Nの良いのに関心~~感心、次にデジタルアンプのスイッチング電源DCプラグに取り付けた、更にS/Nが良くなりベードラとベースの音が完全に分離しベースラインが聴き取れる。

IMG_1755

RX-100S出力コンセントにACプラグ用を取り付けた結果装置全体の電源がクリーンになり「空気の美味しい山頂でオニギリを食べている」如く美味しい音楽を聴くことが出来た~

まんぞく 満足 マンゾク

”結論” なんなんだ~ このビーズはッ 情報量は減っていないし当然増えてもいない、S/Nが良くなって特に低域の解像度は格段に良くなった。

XLR

後日私自身の実験結果 : ビーズの入れる方法ややってはイケない事などが判明しだしています。

どんな物でも「全てOK」は有り得ないと改めて納得・・・・・

スイッチング電源やデジタル機器の電源には一個よりも二個の方がS/Nが断然良くなる傾向が分かってきました。

不思議な事にCSE RX-100Sのような装置の後にアナログ電源機器に二個取り付けるとS/Nは良いのですが何かグルーブ感に欠けるような気がします、たまたまですが三人共別々の装置で別場所で感じたのが不思議です。

作り方も数を重ねると不思議な事が出て来ます、逆効果な場合や上記のように何か違和感が出る場合などが出て、それを改善する方法も若干ですが判明して来ました。

難しく考えないで取り敢えず接続してみると、信号には直列に「何も足さない・何も引かない」のにS/Nが良くなり特に低域の分解能が良くなるのには驚きですので皆さんも是非取り入れてみて下さい。

albuterol vs clen

chobani greek yogurt bodybuilding huge quads bodybuilding pancakes
alpha laboratories steroids alpha pharma healthcare bodybuilding nutritionist

vidalista duckdose anavar 50mg for sale anavar results

Entrenamiento con oclusi_n esteroides comprar espa_a vascular | MTX Elite Bodybuilding