新着情報

2017/02/04

Mcintosh MA6200メンテナンス済公開しました。

2018/02/02

サイドバーadagio audioとは?を更新しました。

2018/01/03

ORTOFON RMG212 RMG309 RMA309拘りレストア公開しました。

2018/01/01

ORTOFON RMG212 RMG309 完全レストア修理更新しました。

2017/12/03

ORTOFON RMG212 RMG309 完全レストア修理更新しました。

2017/06/01

Harmonix Master Sound "DUKE JORDAN TRIO"を公開しました。

2017/01/14

SP-LE8T(H)エッジ張替・エンクロージャ補修済公開しました。

2016/12/01

DENON DA-3** 型番アームの垂直ガタ付き修理公開しました。

2016/10/30

Ortofon RMG RMA用バランス・アンバランス兼用フォノケーブル公開しました。

2016/10/28

Telefunken 1968年ビンテージケーブル公開しました。

2016/10/21

Ortofon  RMG212・RMG309・RMA309アーム専用L型コネクターを公開しました。

2016/10/19

Ortofon RMG212・RMG309・RMA309専用出力ケーブル公開しました。

2016/10/10

DYNAUDIO  CONFIDENCE C1 専用スタンドSTAND2付属を公開しました。

2016/09/30

完全レストア済RMG-212を公開しました。

2016/09/24

JBL 075馬蹄形フランジ付きを公開しました。

2016/09/16

Ortofon SPU-GEチップ交換済みを公開しました。

2016/09/15

Ortofon SPU-GTE チップ交換済を公開しました。

2016/03/09

MCカートリッジバランス伝送の勧め公開しました。

2015/06/18

ファインメットビーズ遊び方を公開しました。

2015/01/15

MERIDIAN-588のCDメカドライブを交換公開しました。

2014/12/30

ALTEC  414-8E ジャンク品新価格に更新しました。

2014/12/30

ALTEC  601C + N3000G 新価格に更新しました。

2014/12/30

JBL 075 16Ω ツイーター 馬蹄形新価格に更新しました。

2014/12/30

JBL ネットワーク N2500 オーバーホール済新価格に更新しました。

2014/12/30

JBL D-130/16Ω SN:41203新価格に更新しました。

2014/12/30

JBL D-130 16Ω (sn:17105) 新価格に更新しました。

2014/12/31

JBL D-130 16Ω SN:53019新価格に更新しました。

2014/04/13

Philips LHH-700FT 名器フィリップスCDプレーヤー ファインチューニング公開しました。

2014/04/13

JBL D-130 16Ω (sn:17105) モノーラル公開しました。

2014/04/12

JBL D-130 16Ω SN:53019 モノーラル公開しました。

2014/04/12

JBL D-130/16Ω SN:41203 モノーラル公開しました。

2014/04/11

JBL ネットワーク N2500 オーバーホール済 公開しました。

2014/04/10

JBL 075 16Ω ツイーター 馬蹄形金具 公開しました。

2014/04/05

AUDIOTEKNE  MCT-48・25公開しました。

2014/04/03

ALTEC  601C + N3000G 公開しました。

2014/04/03

ALTEC  427-8A  Pair 公開しました。

2014/04/02

ALTEC  414-8E ジャンク品扱い公開しました。

2014/01/30

Ortfon RMG-309ゼロバランスシーソー時間実験画像をYouTubeにアップしました。

2013/12/17

UESUGI U-BROS JUNIOR-2公開しました。

2013/09/29

SANSUI  B-2150 MOS Vintage公開しました。

2013/09/29

SANSUI  C-2105Vintage公開しました。

2013/08/17

YL音響  SH-180 公開しました。

2013/08/15

FR  FRT-5 公開しました。

2013/08/14

RMG-212続編で金額表示しました。

2013/08/14

SAEC MST-100公開しました。

2013/03/02

RMG212出来事メモに公開しました。

2013/01/01

作業場を移転し、住所変更しました。

2012/08/29

Victor   XL-Z999EX公開しました。

2012/08/27

Marantz #7 Replica 公開しました。

2012/06/29

PML-Syuni スピーカーケーブル内容変更しました。

2012/06/21

Thorens  TD-126/Ⅲ新価格に訂正しました。

2012/06/04

ALPNE/LUX     LE-109 公開しました。

2012/06/03

KENWOOD  L-01Tチューナー公開しました。

2012/06/02

LAXMAN  CL-32真空管プリアンプ公開しました。

2012/05/27

PML-Syuni スピーカーケーブル 取扱い販売始めました。

2012/05/04

東芝 RD-X10公開しました。

2012/04/30

MICRO  CD-M2(Upgrade Version)公開しました。

2012/04/30

SHURE    SM-58/LC & S  公開しました。

2012/03/26

ak.hommaさんのトーンアーム修理しました。

2012/01/17

MULT12/4-20公開しました。

2012/01/15

Micntosh C22パネルランプ公開しました。

2012/01/01

ET-100 公開しました。 A-100a  公開しました。

2011/12/30

DN-308F用トーンアーム修理記録を公開しました。

2011/12/21

ホームページをリニューアルしました。

店舗情報

店頭販売は致しておりません。
インターネットネット通信販売のみとなっております。
お問い合わせは、
TEL 022-346-9448
FAX 022-797-7045
又は、お問い合わせフォームをご利用ください。

*************************************************

JBL  075 (16Ω)  2本組

\120,000- 税込・送別

新価格 ¥96,000-

*************************************************

約20数年ぐらい前に入手した075(16Ω)です。

当時勢い余って壊してしまったので、まさか壊した方だけ修理したら音が変わってしまうので2枚のダイアフラムをその時点で購入していました。

 今回の掲載に際してホーンレンズ・イコライザー他をクリーニングしてダイアフラムを交換しました。

この手のビンテージ品は壊れていてもオリジナルを求める方が居りますが、私の考えでは劣化したオリジナルは只の骨董品。

正常な音が出ないスピーカーは使い物になりません。

更に常に見える所が汚いのは音楽を聴いていても良い音に聴こえてきません。

今回初めて気が付きましたがイコライザーの先端が尖ってなく丸めです、なぜ尖っていないのか私の知識では意味不明です。

更に塗装も違います。

シリアルは42069と4560と離れているのに、入手時は嬉しくて音が聞きたくて気が付きませんでした。

          同時に購入したのはD-130(16Ω)  N2500(16Ω) をUSA シカゴの個人だった筈。

でも肝心のダイアフラムが同じ時代の500番違いですので同じ音がするし、

当然ですがコイルのDCRもほゞ同じです。

表題に2本組と書いたのは音が同じでも外観とシリアルが離れていたのでpairと書いたら一時期流行った「誤表示」になると思うので。

イコライザーを外すためにシールを剥がす時一部破れてしまいました、ザンネン。

馬蹄形の取り付け金具も塗料が剥がれていたので再塗装しました、塗装しても音は変わらないと思うので。

壊してしまった方の075はマニアが推奨している赤い封印付でした。

もう片方は封印なしでした、ダイアフラムを見比べると若干違うような気がしますが左右違っていたのではいくら音の良いビンテージ品でも使い物になりません。

後日時間が出来た時にでも勉強のために修正してみたいと考えています、なにか面白いデータが出てきたら発表いたします。

*

追申 4月12日

 インターネットで探したらsn:4560は銘板もシールで塗装も平坦な塗りでとても古かったんですね、この方がイコライザーの先端が丸めでsn:42069は同じように見せるために交換したのかなと思います。

アメリカ人にしては手が込んでますね。

*

追申 4月17日

他店の写真やヤフオクなどのシリアルが近い写真を見ると丸めになっていないように見えます。

分からなくなってきました。

ダイアフラムは同時期の製造ですので音は同じですので良いと考えます。