新着情報

2017/02/04

Mcintosh MA6200メンテナンス済公開しました。

2018/02/02

サイドバーadagio audioとは?を更新しました。

2018/01/03

ORTOFON RMG212 RMG309 RMA309拘りレストア公開しました。

2018/01/01

ORTOFON RMG212 RMG309 完全レストア修理更新しました。

2017/12/03

ORTOFON RMG212 RMG309 完全レストア修理更新しました。

2017/06/01

Harmonix Master Sound "DUKE JORDAN TRIO"を公開しました。

2017/01/14

SP-LE8T(H)エッジ張替・エンクロージャ補修済公開しました。

2016/12/01

DENON DA-3** 型番アームの垂直ガタ付き修理公開しました。

2016/10/30

Ortofon RMG RMA用バランス・アンバランス兼用フォノケーブル公開しました。

2016/10/28

Telefunken 1968年ビンテージケーブル公開しました。

2016/10/21

Ortofon  RMG212・RMG309・RMA309アーム専用L型コネクターを公開しました。

2016/10/19

Ortofon RMG212・RMG309・RMA309専用出力ケーブル公開しました。

2016/10/10

DYNAUDIO  CONFIDENCE C1 専用スタンドSTAND2付属を公開しました。

2016/09/30

完全レストア済RMG-212を公開しました。

2016/09/24

JBL 075馬蹄形フランジ付きを公開しました。

2016/09/16

Ortofon SPU-GEチップ交換済みを公開しました。

2016/09/15

Ortofon SPU-GTE チップ交換済を公開しました。

2016/03/09

MCカートリッジバランス伝送の勧め公開しました。

2015/06/18

ファインメットビーズ遊び方を公開しました。

2015/01/15

MERIDIAN-588のCDメカドライブを交換公開しました。

2014/12/30

ALTEC  414-8E ジャンク品新価格に更新しました。

2014/12/30

ALTEC  601C + N3000G 新価格に更新しました。

2014/12/30

JBL 075 16Ω ツイーター 馬蹄形新価格に更新しました。

2014/12/30

JBL ネットワーク N2500 オーバーホール済新価格に更新しました。

2014/12/30

JBL D-130/16Ω SN:41203新価格に更新しました。

2014/12/30

JBL D-130 16Ω (sn:17105) 新価格に更新しました。

2014/12/31

JBL D-130 16Ω SN:53019新価格に更新しました。

2014/04/13

Philips LHH-700FT 名器フィリップスCDプレーヤー ファインチューニング公開しました。

2014/04/13

JBL D-130 16Ω (sn:17105) モノーラル公開しました。

2014/04/12

JBL D-130 16Ω SN:53019 モノーラル公開しました。

2014/04/12

JBL D-130/16Ω SN:41203 モノーラル公開しました。

2014/04/11

JBL ネットワーク N2500 オーバーホール済 公開しました。

2014/04/10

JBL 075 16Ω ツイーター 馬蹄形金具 公開しました。

2014/04/05

AUDIOTEKNE  MCT-48・25公開しました。

2014/04/03

ALTEC  601C + N3000G 公開しました。

2014/04/03

ALTEC  427-8A  Pair 公開しました。

2014/04/02

ALTEC  414-8E ジャンク品扱い公開しました。

2014/01/30

Ortfon RMG-309ゼロバランスシーソー時間実験画像をYouTubeにアップしました。

2013/12/17

UESUGI U-BROS JUNIOR-2公開しました。

2013/09/29

SANSUI  B-2150 MOS Vintage公開しました。

2013/09/29

SANSUI  C-2105Vintage公開しました。

2013/08/17

YL音響  SH-180 公開しました。

2013/08/15

FR  FRT-5 公開しました。

2013/08/14

RMG-212続編で金額表示しました。

2013/08/14

SAEC MST-100公開しました。

2013/03/02

RMG212出来事メモに公開しました。

2013/01/01

作業場を移転し、住所変更しました。

2012/08/29

Victor   XL-Z999EX公開しました。

2012/08/27

Marantz #7 Replica 公開しました。

2012/06/29

PML-Syuni スピーカーケーブル内容変更しました。

2012/06/21

Thorens  TD-126/Ⅲ新価格に訂正しました。

2012/06/04

ALPNE/LUX     LE-109 公開しました。

2012/06/03

KENWOOD  L-01Tチューナー公開しました。

2012/06/02

LAXMAN  CL-32真空管プリアンプ公開しました。

2012/05/27

PML-Syuni スピーカーケーブル 取扱い販売始めました。

2012/05/04

東芝 RD-X10公開しました。

2012/04/30

MICRO  CD-M2(Upgrade Version)公開しました。

2012/04/30

SHURE    SM-58/LC & S  公開しました。

2012/03/26

ak.hommaさんのトーンアーム修理しました。

2012/01/17

MULT12/4-20公開しました。

2012/01/15

Micntosh C22パネルランプ公開しました。

2012/01/01

ET-100 公開しました。 A-100a  公開しました。

2011/12/30

DN-308F用トーンアーム修理記録を公開しました。

2011/12/21

ホームページをリニューアルしました。 taitropin stages cycling steroide westchester car service cialis generika anadrol 50 for sale

店舗情報

店頭販売は致しておりません。
インターネットネット通信販売のみとなっております。
お問い合わせは、
TEL 022-346-9448
FAX 022-797-7045
又は、お問い合わせフォームをご利用ください。

UESUGI JUNIOR-2 「上杉アンプ」のレプリカを作ろうと常識外れで罰当たりな事を考た友人A君と私めをお許しください。(それに乗ったG君も同じく)

 

考えた末の計画は以下の通りです。

① 金属ケースに入れないで回路と部品を出来ればそっくり再現して作り試聴してみる。(回路の良い所と悪い所が金属ケースの影響なく検証できる)

② 以前より考えていた整流回路を真空管に置き換える。(ダイオードと真空管を切り替えて検証する)

③ 整流管は普通の物でなく今だ経験のないWE-412Aを使用する。(WEの整流管は使用経験が有るが412Aは未経験)

④ 整流回路Π型フィルターに小容量無極性コンデンサーを並列接続して音質変化を確認する。

⑤ 上杉さんご用達の松下電気(パナソニック)のコンデンサー以外のメーカーを使ってみる。(④とカップリング)

⑥ ボリュームを抵抗切り替え式ATTに置き換える。(今は入手不能のリケノームRDB抵抗を使用)

⑦ 増幅(0dB)回路と電源部を別ボディーにして増幅回路にはAC分を入れない。

 

最初の写真が0dB増幅回路と抵抗切り替えATT。

2番目の写真が電源部、整流管の隣に有るSWでダイオード(上杉アンプと同じファーストリカバリダイオード)と412Aを切り替える。

3番目の写真がカップリングコンデンサーを切り替える物。

4番目の写真がΠ型フィルターにパラったコンデンサーと切り替えSW。(最終的にコンデンサーの種類は増えている)

 

写真を見た通りホームセンターで購入した端板に部品を配置している、シールドが無いためにアースポイントとアースループに一番気を付けました。

 

まずは最初に電源部の検証です。

ファーストリカバリダイオードで一番判断可能なCDを聴きました、次にWE-412Aに切り替え演奏が始まると同時に「なに コレ」

別に紹介しているRD-X10を使用してからは普通のCDにも相当情報量が入っていると感じていましたが、半世紀以上も前の整流管に交換したら更に情報量が増えてグルーブ感が高揚してしまった。

誰にでも理解できると思うが入っていない情報は何をしても出てこない事が理解できます、半世紀以上も前のWE412Aに差替えただけで情報量が増えて音楽性も高まったのには全員が摩訶不思議。

やっぱり入っているんだ~   引き出せていなかっただけなんだ~

 

入力部でノイズを拾ってしまうと信号もノイズも増幅(0dB)されてしまうのでL分が発生するのを無視してホットとコールドを束ねて更にアース線を入力側より巻き付け終点でアースに落とさず解放しています。

運良くS/Nも試聴に耐えるぐらい取れていましたので一安心です。

 

次に検証したのは電源部Π型フィルターに0.1μのコンデンサーをパラってみました。

部品に興味のある方は判断できるメーカーの物だけです、これも驚くことに音楽性や音楽バランスまでも変化してしまいました。

極端な変化には装置全体のバランスをもう一度チューニングしないとダメなぐらいです。

 

次に検証したのがカップリングコンデンサーです。

白色のコンデンサーは製作記事には必ずと言っても良いぐらい採用されているメーカーの物です。

他に松下電器の無誘導巻きコンデンサーとWECを聴き比べました。

A君が選んだのは上杉さんご用達の松下製でした、なにも足さず何も引かず一番安心できて自然だとの理由です。

ここまでの切り替えた部品やメーカー名は聴き終わるまで説明はしないで一番目二番目で表現しながらの試聴でした。

 

最終的に「非磁性体ケースで電源別媒体」 「WE-412A使用」「リケノームRDB抵抗使用ATT」 「信号部配線材はOFC単線絹巻き線」 「カップリングとΠ型フィルターに補正用コンデンサーは無誘導巻き松下製(当然方向性は揃える)」 「増幅部にはAC分は入れない」 以上の条件で組み上げA君のシステムに収まりました。

今回の実験遊びは大変勉強になり考えさせられる出来事です

 

その後真空管フェチのA君の腕の見せ所で、WE412Aの製造年代の実験やバッファー部の12AX7をWE420やBRIMAR更にはオリジナルSiemensなどに差替えて「アーダ」「こーだ」と毎日のように電話連絡が来ています。

 

levitra

date a bodybuilder oefeningen dumbells l alanine bodybuilding
bodybuilding and testosterone legal steroids gnc bob bodybuilder