新着情報

2017/02/04

Mcintosh MA6200メンテナンス済公開しました。

2018/02/02

サイドバーadagio audioとは?を更新しました。

2018/01/03

ORTOFON RMG212 RMG309 RMA309拘りレストア公開しました。

2018/01/01

ORTOFON RMG212 RMG309 完全レストア修理更新しました。

2017/12/03

ORTOFON RMG212 RMG309 完全レストア修理更新しました。

2017/06/01

Harmonix Master Sound "DUKE JORDAN TRIO"を公開しました。

2017/01/14

SP-LE8T(H)エッジ張替・エンクロージャ補修済公開しました。

2016/12/01

DENON DA-3** 型番アームの垂直ガタ付き修理公開しました。

2016/10/30

Ortofon RMG RMA用バランス・アンバランス兼用フォノケーブル公開しました。

2016/10/28

Telefunken 1968年ビンテージケーブル公開しました。

2016/10/21

Ortofon  RMG212・RMG309・RMA309アーム専用L型コネクターを公開しました。

2016/10/19

Ortofon RMG212・RMG309・RMA309専用出力ケーブル公開しました。

2016/10/10

DYNAUDIO  CONFIDENCE C1 専用スタンドSTAND2付属を公開しました。

2016/09/30

完全レストア済RMG-212を公開しました。

2016/09/24

JBL 075馬蹄形フランジ付きを公開しました。

2016/09/16

Ortofon SPU-GEチップ交換済みを公開しました。

2016/09/15

Ortofon SPU-GTE チップ交換済を公開しました。

2016/03/09

MCカートリッジバランス伝送の勧め公開しました。

2015/06/18

ファインメットビーズ遊び方を公開しました。

2015/01/15

MERIDIAN-588のCDメカドライブを交換公開しました。

2014/12/30

ALTEC  414-8E ジャンク品新価格に更新しました。

2014/12/30

ALTEC  601C + N3000G 新価格に更新しました。

2014/12/30

JBL 075 16Ω ツイーター 馬蹄形新価格に更新しました。

2014/12/30

JBL ネットワーク N2500 オーバーホール済新価格に更新しました。

2014/12/30

JBL D-130/16Ω SN:41203新価格に更新しました。

2014/12/30

JBL D-130 16Ω (sn:17105) 新価格に更新しました。

2014/12/31

JBL D-130 16Ω SN:53019新価格に更新しました。

2014/04/13

Philips LHH-700FT 名器フィリップスCDプレーヤー ファインチューニング公開しました。

2014/04/13

JBL D-130 16Ω (sn:17105) モノーラル公開しました。

2014/04/12

JBL D-130 16Ω SN:53019 モノーラル公開しました。

2014/04/12

JBL D-130/16Ω SN:41203 モノーラル公開しました。

2014/04/11

JBL ネットワーク N2500 オーバーホール済 公開しました。

2014/04/10

JBL 075 16Ω ツイーター 馬蹄形金具 公開しました。

2014/04/05

AUDIOTEKNE  MCT-48・25公開しました。

2014/04/03

ALTEC  601C + N3000G 公開しました。

2014/04/03

ALTEC  427-8A  Pair 公開しました。

2014/04/02

ALTEC  414-8E ジャンク品扱い公開しました。

2014/01/30

Ortfon RMG-309ゼロバランスシーソー時間実験画像をYouTubeにアップしました。

2013/12/17

UESUGI U-BROS JUNIOR-2公開しました。

2013/09/29

SANSUI  B-2150 MOS Vintage公開しました。

2013/09/29

SANSUI  C-2105Vintage公開しました。

2013/08/17

YL音響  SH-180 公開しました。

2013/08/15

FR  FRT-5 公開しました。

2013/08/14

RMG-212続編で金額表示しました。

2013/08/14

SAEC MST-100公開しました。

2013/03/02

RMG212出来事メモに公開しました。

2013/01/01

作業場を移転し、住所変更しました。

2012/08/29

Victor   XL-Z999EX公開しました。

2012/08/27

Marantz #7 Replica 公開しました。

2012/06/29

PML-Syuni スピーカーケーブル内容変更しました。

2012/06/21

Thorens  TD-126/Ⅲ新価格に訂正しました。

2012/06/04

ALPNE/LUX     LE-109 公開しました。

2012/06/03

KENWOOD  L-01Tチューナー公開しました。

2012/06/02

LAXMAN  CL-32真空管プリアンプ公開しました。

2012/05/27

PML-Syuni スピーカーケーブル 取扱い販売始めました。

2012/05/04

東芝 RD-X10公開しました。

2012/04/30

MICRO  CD-M2(Upgrade Version)公開しました。

2012/04/30

SHURE    SM-58/LC & S  公開しました。

2012/03/26

ak.hommaさんのトーンアーム修理しました。

2012/01/17

MULT12/4-20公開しました。

2012/01/15

Micntosh C22パネルランプ公開しました。

2012/01/01

ET-100 公開しました。 A-100a  公開しました。

2011/12/30

DN-308F用トーンアーム修理記録を公開しました。

2011/12/21

ホームページをリニューアルしました。 taitropin stages cycling steroide westchester car service cialis generika anadrol 50 for sale

店舗情報

店頭販売は致しておりません。
インターネットネット通信販売のみとなっております。
お問い合わせは、
TEL 022-346-9448
FAX 022-797-7045
又は、お問い合わせフォームをご利用ください。

Marantz #7 Replica

\298,000 \268,000- (販売済)

 GreatOption TELEFUNKEN Ecc83 ×3   \21,000-

*************************************************


  1995年にKitとは異なる完成品で発売されたMarantz #7 Replicaです。

          Kitバージョンとは別物でパーツの信頼性や精度が格段に上がり劣化した「オリジナル」よりは電気的安全性やデータ的にも信頼度が高く安心してレコード再生できます。

                                        本品の所有者は私のブレーンA氏です、A氏宅に初めてお邪魔して聴かせて頂いた時は エ~~ この装置でこんな音楽表現できるの~ と驚き自分の認識の甘さをイヤッと言うほど味わいました。

#7 Replicaのフォノイコ部分だけ使用しUesugiのATTで同社EL34ppからDitto66を完全に鳴らし切っていました、Ditton66で米Jazzがグルーブ感宜しく鳴ったのを聴いたのは初めてです。

CDはVictor XL-Z999EXも素晴らしく16bitでもここまで出るんだ~と感心しました。

                                        アナログもデジタルもグルーブ感が物凄く有るのでアンプやスピーカーをどの様に内部チューンナップしたの~と聞きました、帰って来た答えが「なにも~」真空管 ・ケーブル ・ コネクター類を徹底的に試聴交換しセッティングのチューニングだけだとの事。

A氏曰く真空管の購入金額は遥かにアンプの金額を超えたそうです・・・・・・・・・

OptionのEcc83も何度も買い直しフォノイコはこの2本で送り出しにはこの1本とS/Nと音質更に左右のバラツキを選別した真空管だそうです、結果的にダイヤマーク。

でも良く聴くと良い音なのは確かだが自分の好みの音楽では無いと云う理由で別のメーカーの真空管をチョイスしtele-Ecc83はお蔵入り状態との事。

内部写真と後面の端子類です、高圧のダイオードはA&R LabのSBDに交換しています。(これで歪感がなく音抜けが良くなった)

私はオリジナル否定者では有りませんし古い物は嫌いでは有りませんが、劣化したパーツ特にコンデンサーと接点は使い物にならないと強く考えていますし身近のお客様にも力説しています。

オリジナル#7の使用者の中にはバンブルビーが最高その他はゴミと仰る方が多々いらっしゃいます。

カップリングコンデンサーの役目はDC電源をカットしてAC(音楽信号)成分だけ通す役目ですが現在入手できるバンブルビーで90%以上は絶縁不良で盛大にDC成分を通してしまいます、カップリングだけが劣化している訳では有りませんので目を覚ましてください。

Marantzさんはそんな設計はしてい無い筈ですしオリジナル#7の音ではないと思います。

現役をとうに過ぎた超有名品よりは現役のレプリカの方が音楽を堪能できます。

                    レプリカ#7に最初より搭載されていた真空管と同梱品です。

ウッドケースには大きな傷は有りませんが本体天板に擦りキズが有ります、何十回と真空管の差し替えをしている内に傷が付いたようです。

ウッドケース・本体の元箱も有りますので安全に発送可能です。

当然ですが点検メンテナンス済です、真空管ソケットのノイズも有りません。

naps 50