新着情報

2017/02/04

Mcintosh MA6200メンテナンス済公開しました。

2018/02/02

サイドバーadagio audioとは?を更新しました。

2018/01/03

ORTOFON RMG212 RMG309 RMA309拘りレストア公開しました。

2018/01/01

ORTOFON RMG212 RMG309 完全レストア修理更新しました。

2017/12/03

ORTOFON RMG212 RMG309 完全レストア修理更新しました。

2017/06/01

Harmonix Master Sound "DUKE JORDAN TRIO"を公開しました。

2017/01/14

SP-LE8T(H)エッジ張替・エンクロージャ補修済公開しました。

2016/12/01

DENON DA-3** 型番アームの垂直ガタ付き修理公開しました。

2016/10/30

Ortofon RMG RMA用バランス・アンバランス兼用フォノケーブル公開しました。

2016/10/28

Telefunken 1968年ビンテージケーブル公開しました。

2016/10/21

Ortofon  RMG212・RMG309・RMA309アーム専用L型コネクターを公開しました。

2016/10/19

Ortofon RMG212・RMG309・RMA309専用出力ケーブル公開しました。

2016/10/10

DYNAUDIO  CONFIDENCE C1 専用スタンドSTAND2付属を公開しました。

2016/09/30

完全レストア済RMG-212を公開しました。

2016/09/24

JBL 075馬蹄形フランジ付きを公開しました。

2016/09/16

Ortofon SPU-GEチップ交換済みを公開しました。

2016/09/15

Ortofon SPU-GTE チップ交換済を公開しました。

2016/03/09

MCカートリッジバランス伝送の勧め公開しました。

2015/06/18

ファインメットビーズ遊び方を公開しました。

2015/01/15

MERIDIAN-588のCDメカドライブを交換公開しました。

2014/12/30

ALTEC  414-8E ジャンク品新価格に更新しました。

2014/12/30

ALTEC  601C + N3000G 新価格に更新しました。

2014/12/30

JBL 075 16Ω ツイーター 馬蹄形新価格に更新しました。

2014/12/30

JBL ネットワーク N2500 オーバーホール済新価格に更新しました。

2014/12/30

JBL D-130/16Ω SN:41203新価格に更新しました。

2014/12/30

JBL D-130 16Ω (sn:17105) 新価格に更新しました。

2014/12/31

JBL D-130 16Ω SN:53019新価格に更新しました。

2014/04/13

Philips LHH-700FT 名器フィリップスCDプレーヤー ファインチューニング公開しました。

2014/04/13

JBL D-130 16Ω (sn:17105) モノーラル公開しました。

2014/04/12

JBL D-130 16Ω SN:53019 モノーラル公開しました。

2014/04/12

JBL D-130/16Ω SN:41203 モノーラル公開しました。

2014/04/11

JBL ネットワーク N2500 オーバーホール済 公開しました。

2014/04/10

JBL 075 16Ω ツイーター 馬蹄形金具 公開しました。

2014/04/05

AUDIOTEKNE  MCT-48・25公開しました。

2014/04/03

ALTEC  601C + N3000G 公開しました。

2014/04/03

ALTEC  427-8A  Pair 公開しました。

2014/04/02

ALTEC  414-8E ジャンク品扱い公開しました。

2014/01/30

Ortfon RMG-309ゼロバランスシーソー時間実験画像をYouTubeにアップしました。

2013/12/17

UESUGI U-BROS JUNIOR-2公開しました。

2013/09/29

SANSUI  B-2150 MOS Vintage公開しました。

2013/09/29

SANSUI  C-2105Vintage公開しました。

2013/08/17

YL音響  SH-180 公開しました。

2013/08/15

FR  FRT-5 公開しました。

2013/08/14

RMG-212続編で金額表示しました。

2013/08/14

SAEC MST-100公開しました。

2013/03/02

RMG212出来事メモに公開しました。

2013/01/01

作業場を移転し、住所変更しました。

2012/08/29

Victor   XL-Z999EX公開しました。

2012/08/27

Marantz #7 Replica 公開しました。

2012/06/29

PML-Syuni スピーカーケーブル内容変更しました。

2012/06/21

Thorens  TD-126/Ⅲ新価格に訂正しました。

2012/06/04

ALPNE/LUX     LE-109 公開しました。

2012/06/03

KENWOOD  L-01Tチューナー公開しました。

2012/06/02

LAXMAN  CL-32真空管プリアンプ公開しました。

2012/05/27

PML-Syuni スピーカーケーブル 取扱い販売始めました。

2012/05/04

東芝 RD-X10公開しました。

2012/04/30

MICRO  CD-M2(Upgrade Version)公開しました。

2012/04/30

SHURE    SM-58/LC & S  公開しました。

2012/03/26

ak.hommaさんのトーンアーム修理しました。

2012/01/17

MULT12/4-20公開しました。

2012/01/15

Micntosh C22パネルランプ公開しました。

2012/01/01

ET-100 公開しました。 A-100a  公開しました。

2011/12/30

DN-308F用トーンアーム修理記録を公開しました。

2011/12/21

ホームページをリニューアルしました。

店舗情報

店頭販売は致しておりません。
インターネットネット通信販売のみとなっております。
お問い合わせは、
TEL 022-346-9448
FAX 022-797-7045
又は、お問い合わせフォームをご利用ください。

2011年はとんでもない年でした、こんな経験は初めてです「オーディオバカ&天然バカ」の私でさえ一か月以上何もする気になれませんでした。 

 

2011年10月ごろ同類項のA氏より東芝のブルーレイレコーダーRD-X10が「凄い」なにが凄いって32bitだ~  こんな調子でB氏と私の所に毎晩電話が来るので3バ*試聴会をA宅でやるためB氏と車で40分掛け出かけました。

映像に殆ど興味の無い私はRD-X10の下調べはサラ~としただけ・・・  いよいよ音出し  んん・・・・・ なんだ  なんだ~~ この情報量  表現力  メーカー臭さがまったくしない
これってSA-CD? A得意げに 「フツ-」  そう云えばAから言われたサイト   http://www.phileweb.com/interview/article/201011/24/87.htmlで開発者のインタビュー記事中に高音質設計で設定変更すれば更に高品位なステレオ再生が楽しめますと書いて有ったのを思い出しました、メーカーの人間の言う「高音質」や「高品位」は一番聞き飽きた言葉なので期待もしていませんでした。

 

が  出ている音楽は今までのCDでは聴いた事が無い柔らかさと音と音の重なり具合がアナログレコードの様に奥行き感が自然に音楽が奏でられています。
Aから聞いたところによると2010年末に20万強で販売されていた物をYオクで7万弱で購入したとの事、自慢じゃ~ないが私は28年もオーディオ業界に居た人間ですよ、今は型遅れとはいえ7万弱で買えるDVDレコーダーに「レコーダーだよ~」こんな音出されたら商売になったもんじゃ~ない・・・

 

早速気合を入れRD-X10を調べたらとんでもない性能内容でした、テレビレコーダーの音声にAnalog Devices社の32bitチップで常時アップサンプリングしESS社のES9016で32bitDA変換しかも8チャンネルも内蔵している。
設定変更すればCDの16bit-44.1kHzを常時32bit-176kHz再生出来る、16・24bit-96kHzのメディアだったら32bit-192kHz常時再生と今までは考えられない程の特性です。

 

特性だけでは取り合わない三バ*トリオは徹底的に聴きまくり、音楽表現・ダイナミックレンジ・周波数レンジ・スピード・楽音の重なり具合・楽音の定位・等々「アーダ コーダ」と延々と盛り上がりながら帰宅の途に就きました。
10月末位に私も購入しようと色んな通販サイトを見ていました、毎日金額が変わっていて段々高くなっていく気がしましたが遂に11月10日頃には¥78,000-を超えてしまいプチンとワンクリックで私も32bitプレーヤーのオーナーです。

 

到着後早速開発者の仕込んだ隠し設定をやろうと設定メニューを見ましたが中々意味が取れません、用語がオーディオ向きでは無くやはり家電品に近い表現です。
なんとか設定しアンプに接続ワクワクしながら音出しが始まりました  ん~~ 常用DV-610AV(Upgrade)よりは若干良く聴こえるが32bit-176kのハイレゾには程遠い音に聴こえる、オカシイ~ オカシイ~ 取説を読んでもどこにも書いていないサポートセンターに問い合わせたら「お客様~ どの様な接続をしていますか?とのカワィ~声 」 32bit 片チャン4パラDAC云々と話すと  エッッ・・・  少々お待ちください  約一分後「お客様赤と白のケーブルはアンプと云う物に接続すれば音は必ず出る筈ですが」・・・・ こりゃー ダ~メ~ダ~ もう少し研究してまた電話しますとカワィ~声主に告げサポートセンターは諦めました、何度もインタビュー記事を読み確認しても間違っていない・・それとも俺の耳がおかしいのか?? モンモンしながら一晩が過ぎました。

 

翌日Bに電話で説明したら「だ~からオーディオバカはダメなんだよ~」俺の兄貴もヘマやった~  7.1チャンネルDACを片チャン4パラにして2チャン出力してると書いて有るのでフロント出力から出さないとダメなんだ~   えぇぇ~~  ブツブツ言いながら繋ぎ替えると 出た~   オーディオバカは2チャンネル専用端子から出していた・・・・・・・・・・・(お粗末ッ)

 

Aからは電源ケーブルを自作して更に良くなったとか色々情報が入ってたがその頃私はPC-audioにハマッテいて外部DACのオペアンプや電源はバッテリードライブ・回路パスコンの種類交換など更にはプレーヤーソフト・リッピングソフトなどハマリッぱなしでRD-X10は標準のままでレコーダー兼CDプレーヤーで3月11日の一年を迎えてしまいました。

 

その間BもRD-X10を購入し私のお客さんにも紹介し4人も購入していました、お客さんからとても良い初めて聴いた音だとか・今までのCDプレーヤーは「3星レストランのフランス料理」 RD-X10 は「自然食材の日本料理」と感想が寄せれれていました、と共に私の性格を知り尽くしているのでもっと良くなったら教えて~ と期待と催促が有りました。   ンじゃ~そろそろ

 

遊びの極意は続編に